紫外線が及ぼす悪影響とは?日焼け止めの基本とシミのメカニズムについて。

紫外線が及ぼす悪影響とは?日焼け止めの基本とシミのメカニズムについて。

こんにちは、横山ゆあです!

雨が続いていますが、
早く晴れないかなー…
でも紫外線が気になるなー…
と思っていませんか?

実は雨の日でも紫外線って
しっかり降り注いでいるんです!

皆さん、
紫外線対策していますか?

 

今回は「夏だけ紫外線対策しています
なんて人はに絶対読んでほしい!

紫外線ってこわいんですよと
伝わるようにしっかりまとめていきます。

これからのためにぜひ読んでくださいね♪



紫外線とは

太陽光の種類

早速ですが、紫外線ってよく聞きますが、
そもそも紫外線って何でしょうか?

“焼ける”とか“皮膚がんになる”とか
いろいろな情報がありますよね。

皮膚がんなんて怖い!

“紫外線は太陽光線に含まれる光”
くらいの認識はありますよね!

実は太陽光にはいくつか
光の種類があるんです。
紫外線はその太陽光の中に
含まれている光の一種です。

  • ガンマ線
  • X線
  • UV‐C
  • UV‐B
  • UV‐A
  • 可視光線
  • 赤外線

UVという文字を含むものが
すべて紫外線にあたります。

ひとつずつ見ていきましょう!

UV-C

UV-Cの特徴は

最も波長が長い
エネルギーが短い

この2点です。

UV-Cが人の体に触れると人の
皮膚などの細胞を破壊します。

結果として皮膚がんを起こすと
言われている怖い光です。

ただ、安心してください!

基本的にガンマ線とX線、
UV‐Cは私たちのもとには
届かないんですよ。

地球と太陽の間にある
オゾン層で吸収されます。

kei
kei
よかったぁー。

UV-B

UV-Bの特徴は

UV-Cの次に波長が短い
エネルギーが強い

 

UV-Cの次に刺激が強いため
肌に当たると炎症を起こします。

“焼けた!”とか“焼けて痛い!”
というのはこやつの仕業です!

波長が短いことから皮膚の表面にあたり
皮膚表面がやけどしたみたいな
状態になるということですね。

海に行って浮かれて遊んだら
次の日ヒリヒリして
洋服を着るのもつらい!
という経験ってありますよねw

あれはUV-Bが皮膚の表面に
炎症を起こしていて、
全身でUV-Bを受け止めて
しまったがために痛い思いを
しなきゃいけなくなったという感じw

そして、UV-Bの怖いものと言えば
紫外線のイメージと直結する
シミ問題です!

 

肌の奥深くにはメラノサイトという
シミのもととなるメラニン
を量産する細胞があります。

UV-Aはメラノサイトのところまで
光線を送ることができるため、
光線を受けて刺激された
メラノサイトはシミをつくるんです。

そして、ここで疑問。

メラノサイトってなに?
それは次の項目で説明しますね!



UV-A

UV-Aの特徴は

波長が長い
エネルギーは弱い

UV-Bに比べるとエネルギーが弱いので

kei
kei
「なんだー、UV-Bの対策をすればいいのね♪」

なんて思っている人は
これからの記事をしっかりと
目を開いて見てください!w

UV-Aは波長が長いため
肌の奥深いところまで
到達します!

そのため肌の奥にある
細胞や繊維を光線でぶった切るんです。

切られたらどうなるでしょう?

ピンと張った糸を切る
イメージをしてみてください。

糸はだらんとなり、
ピンと張っていた面影は
どこへやら…という感じですよね。

これが肌で起きるということは
肌がだらんとなるということ。

そうです、シワになります!!

 

こわすぎる…

 

シミをつくるメラノサイト

メラノサイトの形状

kei
kei
メラノサイトってなに?
何のためにあるの?

メラノサイトは皮膚の表面にある
表皮というところにあって
形状としてはアメーバのような
形をしているんですね。

表皮が全部メラノサイトというわけではなく、
表皮の約10%くらいに存在すると言われています。

刺激がないときはのメラノサイトは
横長い丸っぽい形になっています。

そんなメラノサイトは
紫外線の刺激を受けると、
まるで手を広げるようにして
触手をたくさん持ちます。

小さいときに見た
木のおばけが枝を
ばさっと広げた感じです。
(伝わるだろうか…w)

なんとなーくね。
mee
mee

シミができるメカニズム

 

刺激を受けたメラノサイトは
肌を守ろうとしてメラニンを生成します。

生成されたメラニンは時間とともに
表面に上がってきて垢となって
剥がれ落ちていくのですが、
年齢を重ねるとなかなか
剥がれ落ちてくれない…

剥がれ落ちずに居座っている
メラニンを我々は“シミ”
呼んでいるのですね。

ちょっと話が逸れましたが、
UV-Bを甘く見ると、将来
肌悩みが絶えなくなってしまうので
今のうちからケアしておきましょう!

日焼け止めの選び方

UV-B対策に重要なSPF〇〇

 

SPF50とか聞いたことありますよね。
高ければ高いほどいいんじゃないかと
数値が高いものを選ぶ人もいると思います。

SPFとは、肌に炎症を起こすUV-B
どれくらい防いでくれるかをわかりやすく
数値化したものです。

50という数値は、肌に日焼け止めを
塗らない状態と塗った状態とを比較して
塗ったときにどれくらいの時間耐えられるか、
UV-Bを防止できるかを表しています。

実は、人によって
紫外線に当たり始めてから、
日焼けが始まる時間
というのは
それぞれ違うんですね。

SPF30の日焼け止めを
使っていても差が出るのです。

kei
kei
どういう意味?

紫外線に当たり始めて
10分で焼け始めるAさん
SPF30の日焼け止めを
塗ることで…

10(分)×30=300(分)
300分(5時間)後から
焼け始めるようになる。

紫外線に当たり始めて
5分で焼け始めるBさん
SPF30の日焼け止めを
塗ることで…

5(分)×30=150(分)
150分(3時間)後から
焼け始めるというわけです。

ただし、これは
汗で落ちていない場合の話
なので2時間おきに
塗り直しましょう
ね♪

どちらにせよ、2時間おきに塗りなおせば安心って感じね。
mee
mee

UV-A対策に重要なPA

日焼け止めを選ぶ際に
目につくのが“PA̟++++”

この“++++”って気になりませんか?

今後プラスの数が増えていったら
“++++++++”とかになるんですかね?w

実はこのプラスって
かなり重要で、
シワの原因となる
UV-Aをどれほど防げるかの
数値を表している
のです!



 

紫外線のいいところ

 

肌に悪影響な紫外線の話ばかり
していますが、紫外線にだって
いいところはあります。

紫外線のいいところ①殺菌効果がある

紫外線には殺菌効果があります。
例えば、晴れた日は布団を
外に干しますよね。

あれは紫外線で殺菌すること
ダニやほこりを除去します。

 

紫外線のいいところ②ビタミンDを形成する

ビタミンDは歯や骨などを
強くしたり、形成したりしてくれる
作用があると言われています。

ビタミンDを多く含む代表的な食材は…

  • ヨーグルト
  • サーモン
  • レバー

などがありますが、
毎日摂取するのは
大変ですよね。

そこで!

おすすめしたいのが、
太陽光に当たって
自らビタミンDを
形成するという方法
です。

体は紫外線に当たることで、
ビタミンDを形成します。

kei
kei
光合成的な感じね♡

体に必要なビタミンDを形成するには
一日15分くらいでいいみたいです。

朝の通勤をひと工夫して
15分歩くだけで、
必要なビタミンDを
ゲットできるなんて
お得な話ですね♪

まとめ

紫外線は体にとって
よくも悪くも影響を与えます。

紫外線は日焼け止めを使って
しっかり浴びる分には
何の問題もありません。

日焼け止めを使いながら
快適な毎日を過ごしましょう!

「日焼け止めを塗りながら」です♪

 

からだのことカテゴリの最新記事